No.33 交通事故の後遺症

スイッチの種類 既製品
スイッチの名称 プラケーススイッチ
利用者の障害名 交通事故の後遺症
利用部位
利用姿勢 仰臥位
利用場所 自宅, 病院
利用機器 その他
※機器に関するリンク
その他情報

 

スイッチの補足説明

交通事故の後遺症で、手足が不自由となった。気管切開もしており、声が出せない状態。
受傷後5年が経過、回復する中で親指に動きが出てきたことから、極めて弱い力でも押せるプラケーススイッチ(FK014-S01 TY企画製)を押す練習を実施。
いきなり意思伝達装置をつなぐと、意識がそちらへ向いてしまい、入力スイッチの練習に集中できないので、入力スイッチの先には練習用ブザーを接続、ブザーをタイミング良く鳴らす練習を実施中。

他の画像など

Posted in スイッチ適合事例.

ページトップへ