No.5 頸椎損傷(C0)

スイッチの種類 自作
スイッチの名称 ピンタッチスイッチ
利用者の障害名 頸椎損傷
利用部位
利用姿勢 仰臥位
利用場所 自宅
利用機器 その他
※機器に関するリンク
その他情報

 

ピンタッチスイッチ

スイッチの補足説明

ピンタッチスイッチを口の前に固定する必要があったことからUSBヘッドセットを購入、ケーブルやマイクなどを切断して、マイクのワイヤーにピン タッチスイッチのセンサーを沿わせ、口の前の適切な位置に固定した。 これにより、ベッドの背の角度を変えても、入力スイッチの位置調整が不要となった。
利用したUSBヘッドセット: MM-HSUSB13K
操作機器:ワンキーマウス

他の画像など
Posted in スイッチ適合事例 and tagged , , .

ページトップへ