No.21 脳幹梗塞

スイッチの種類 既製品の改良、その他
スイッチの名称 ピエゾニューマチックセンサースイッチ(PPSスイッチ)
利用者の障害名 脳機能障害(脳幹出血など)
利用部位 指, 手のひら
利用姿勢 仰臥位, 座位
利用場所 自宅, 外出時
利用機器 伝の心, ハーティラダー
※機器に関するリンク
その他情報

57476_296387420521040_1002143857803651608_o

 

IMG_1558IMG_1559

スイッチの補足説明

手のひら全体で握る動作が出来たが、力が弱かったことから、空気圧を用いたPPSスイッチを利用することとした。
ただし、製品に標準で付属しているエアバッグは平らなため、手の中では形状が安定しないことから、手の中に入る丸い形状のものとして、お風呂に浮かべるおもちゃのアヒルに空気チューブを接続して、手の中で安定して操作できるようにした。

他の画像など

PPSスイッチ
PPSスイッチ

Posted in スイッチ適合事例.

ページトップへ