No.30 ウィルソン病

スイッチの種類 自作
スイッチの名称 その他(自作など)
利用者の障害名 その他
ウィルソン病
利用部位
利用姿勢 座位
利用場所 病院
利用機器 その他
※機器に関するリンク
その他情報

操作画面No.31

 

スイッチの補足説明

動画では振戦の強さが伝わりづらいですが、本人にはかなり震戦があります。
そのため業者さんにみてもらっても合うスイッチを見つけられなかった方です。
ところがこのフィンガースイッチだと練習なしに安定して押すことができました。
患者さんはじめご家族は、このスイッチが見つかって大喜びされています。

拇指にマジックテープを取付け、フィンガースイッチを示指で押しやすい位置に固定しています。
これにより安定してスイッチの上部を押すことができるようになりました。
スイッチの先には、練習用のブザーを接続、スイッチを押す練習をしているところです。

ウィルソン病の症状はこちらをご覧ください。
練習用ブザーはこちらをご覧ください。

他の画像など

フィンガースイッチについては事例No.15を参照してください。
作製方法については近日公開致します。

Posted in スイッチ適合事例.

ページトップへ