はじめに

このホームページについて

病気や障害のため腕や指の動作がうまくいかない方が、国内だけで少なくとも数十万人以上いると言われています。

これらの方は食事などの日常生活において様々な不便を強いられていますが、現代社会においてはIT機器の使用の上で、さらに不便を感じておられます。

軽度の上肢障害の方であれば、パソコンのアクセシビリティ機能を活用してある程度解決できますが、重度の上肢障害を持つ方はそれだけでは対応できません。

そこで、そのような方が身体の状況に合わせた様々な「入力スイッチ」を活用して電子機器を上手に使うためのノウハウや事例を紹介するページを開設しました。
皆さんから多くの事例を集めて紹介、それを共有することで、体の不自由な方の自立した生活の支援となれば幸いです。

ホームページ管理者:松尾光晴 (意思伝達装置レッツ・チャット開発者)  2015.2.16


このページは「一般社団法人 日本難病・疾病団体協議会「厚生労働省 平成26年度難病患者サポート事業」の助成金を受けて制作されました。

この場を借りて厚くお礼申し上げます。

このページの情報の著作権はホームページ作成者にあります。販売業者が勉強会や営利目的で利用することは固く禁じます。

ページトップへ

更新情報

2016年4月19日
事例を1件追加しました。(事例No.31)
2016年4月11日
事例を1件追加しました。(事例No.30)
2016年3月21日
事例を1件追加しました。(事例No.29)
2015年11月4日
事例を1件追加しました。(事例No.28)
2015年10月4日
「機器導入の流れ」の情報で 【3】機器の導入 を追加しました。
2015年9月22日
事例を1件追加しました。(事例No.27)
2015年9月14日
事例を1件追加しました。(事例No.26)
2015年9月4日
事例を1件追加しました。(事例No.25)
過去の更新履歴へ