事例は全部で2件です。
ピンタッチスイッチを利用中

No.5 頸椎損傷(C0)

ピンタッチスイッチを口の前に固定する必要があったことからUSBヘッドセットを購入、ケーブルやマイクなどを切断して、マイクのワイヤーにピン タッチスイッチのセンサーを沿わせ、口の前の適切な位置に固定した。 これにより、ベッ […]

続きを読む